2019年4月13日土曜日

4月10日に第15回口頭弁論期日がありました!

みなさまへ

4月10日に第15回口頭弁論期日がありました。

法廷では裁判官の交代に伴い、弁論の更新手続きがあり、原告の平田さんから意見陳述、福田弁護士がこれまでの裁判の流れと原告側の訴えと根拠について説明がありました。

提出書類についてはこのブログの「弁護団より」のタグをクリックしてください

報告集会では、口頭弁論期日についての報告と、平田さん他、原告からの訴え、フクイチ測定プロジェクトによる測定結果の報告、そして、福島老朽原発を考える会の阪上 武さんより、東京新聞の連載「背信の果て」で追及された、初期の内部被ばく測定が行われず、消された問題について、解説がありました。

報告集会にていただいた感想です。公開可のものを掲載させていただきます。

・若者の傍聴・報告会参加を見て、この裁判の重要性を改めて痛感しました。被ばくは、どんなに少量でも避けなければなりません。多くの報告、大変勉強になりました。

・これまで数度来ているが十分に理解しきっていない。平田さんの話でよく分かった。何回か来て少しずつ理解定着という感じです。会員のはずです、つもりです。会費いつか払った。まだなら請求してください。

・今回初めて参加させていただきました。震災、事故が時間と共に風化してゆく中で、こういった問題が残されていて、まだ事故は終わっていないのだと、とても考えさせられました。

・基準を争点にしている重要な訴訟だと認識していますが、なかなか傍聴に来られず、すみません。本日も情報満載でしたね。内容についていききれず、地元の市民団体の人たちにうまく報告できるか心配です。いただいた資料を読み込んでこれからも支援したいと思います。

・平田さんのお話良かったです。公判ででも報告会でも。報告会では県が独自に中性子線観測のための検出器を設置するという情報を伝えてくれました。いつでも避難できるようにしておいたということなのだと受け止めていると聞いて、胸がつぶれる思い。道路拡ふく工事に汚染土壌を使用しようという情報を伝えてくれた。署名の機会も頂いた。水戸さんのお話もとても良かった。この裁判の原告の方への感謝の思いも聞いて、ぐっときてしまいました。

会場カンパは 22,680円 でした。ありがとうございました。原告団の交通費等に充てさせていたできます。

2019年3月5日火曜日

第15回口頭弁論期日 4月10日は東京地裁へ! 南相馬のみなさんを応援しよう!

南相馬のみなさんを応援しましょう!


2019年4月10日(水)
経産省前抗議アピール 12:30~  雨のため中止となりました。地裁前アピールからご参加ください。
東京地裁前アピール  13:00~
第13回口頭弁論 14:00~東京地裁103号法廷
       ※傍聴券が必要となりますので、13:30までにお並びください。
        抽選になることもあります。
報告集会 15:15頃~ 参議院議員B107にて

2019年1月26日土曜日

2019年1月18日 第14回期日報告

みなさまへ

1月18日に第13回口頭弁論期日がありました。

法廷では原告側から、被告側提出の反論に対する再反論の書面の提出があり、その内容について福田弁護士から説明がありました。

提出書類についてはこのブログの「弁護団より」のタグをクリックしてください

報告集会では、口頭弁論期日についての報告と、フクイチ測定プロジェクトによる測定結果の報告、そして、福島老朽原発を考える会の青木一政さんより、ガラスバッジによる個人線量評価について東大の早野龍吾氏の論文について解説がありました。

論文は、伊達市のガラスバッジによる個人線量の評価結果は空間線量からの推定値の15%程度にしかならないという内容ですが、個人情報の無断使用と計算式の誤りによる大幅な過小評価が明らかになり、取り下げに追い込まれているとのことです。

報告集会にていただいた感想です。公開可のものを掲載させていただきます。

・今、問題になっている早野氏論文についての青木さんの報告良かったです。(カメラをもってこなくて残念)原告の方たちが大勢こられ、声をきかせてくださり感謝です。
・原告団のみなさん ごくろうさまです。私は広島被ばく2世です。ぜひ、子どもたちのために医療費無料を実現しましょう。
・これは『人権裁判』です。日本は「社会主義国」よりひどい。

会場カンパは 14,901円 でした。ありがとうございました。原告団の交通費等に充てさせていたできます。

2018年11月11日日曜日

第14回口頭弁論-1月18日は東京地裁へ!

南相馬のみなさんを応援しましょう!

いつもより30分時間が遅くなります

報告集会の場所変更:衆議院第二議員会館多目的会議室になります!(記載を変更したチラシ画像をアップしました 2019/1/4)

2019年1月18日(金)
経産省前抗議アピール  13:00~
東京地裁前アピール 13:30~
第14回口頭弁論 14:30~東京地裁103号法廷
       ※傍聴券が必要となりますので、14:00までにお並びください。
        抽選になることもあります。
報告集会 15:30頃~ 衆議院第二議員会館 多目的会議室

PDFファイルはこちら


2018年10月4日木曜日

10月3日に第13回口頭弁論期日がありました

みなさまへ

10月3日に第13回口頭弁論期日がありました。


原告側から、保養前後の尿中のセシウム量の比較から内部被ばくの危険を明らかにした書面と、20ミリシーベルトの被ばくによるリスクの高さから、これを基準にすることを批判し、また被告が依拠する、放射線によるリスクと肥満や野菜不足や喫煙によるリスクの直接的な比較が誤りであることを指摘した書面を提出し、原告と福田弁護士が説明に立ちました。

提出書類についてはこのブログの「弁護団より」のタグをクリックしてください

報告集会では、口頭弁論期日についての報告と、尿中のセシウム量の検査報告、フクイチ測定プロジェクトによる測定結果の報告、福島第一原発のタンク中の汚染水の取扱いについての動きについて報告がありました。

報告集会にていただいた感想です。公開可のものを掲載させていただきます。

・国(政府、規制委員会、経産省、・・・)と電力会社は、放射能の危険性を全く理解していない。国民に放射能安全神話を理由に20mSv/年の危険な土地に帰還させ、住宅支援も打ち切るという基本的人権を奪った。自然放射能と人工放射能が存在するが、人工放射能を発生させる権利は国にも電力会社にもない。自然放射能は生物にとって対処できる体質を獲得してきたが、70年前に初めて発生された人工放射能は対処する機能を持ちそなえていない。さらに内部被ばくと外部被ばくを同等に扱うべきでなない。総合して判断すると、放射能線量値20mSv/年を取っても、国民の命を軽く考えており、かつ、人工放射能を少量であっても発生させる権利は誰にもない。

福島原発の事故がなかったこと、済んだことにしたい一心で国は突っ走っている。野山、川河、海で濃縮された放射能は今後様々な病状を現しうるもの。子どもが孫が安心できる福島をとりもどしたい。できるまで(100年?それ以上?)今の生活を立て直せるために尽力しよう。

・いつもながら被告(国)側の対応の不誠実さに腹が立つ。ひるがえって、原告の説明は感動的ですらあった。

2018年8月28日火曜日

第13回口頭弁論-10月3日は東京地裁へ!

南相馬のみなさんを応援しましょう!


2018年10月3日(木)
経産省前抗議アピール  12:30~
東京地裁前アピール 13:00~
第13回口頭弁論 14:00~東京地裁103号法廷
       ※傍聴券が必要となりますので、13:30までにお並びください。
        抽選になることもあります。
報告集会 15:20頃~ 参議院議員会館(予定)

PDFファイル


2018年7月13日金曜日

第12回口頭弁論期日(7月12日)が行われました

みなさまへ

7月12日に第12回口頭弁論期日がありました。
裁判長と右陪審が交代して2回目の口頭弁論期日です。
原告側から3本の準備書面が提出され、原告の佐藤さんと福田弁護士が説明に立ちました。原告の佐藤さんは、避難地点解除に際して、住民の意見が無視された実情を具体的に訴えられました。

提出書類についてはこのブログの「弁護団より」のタグをクリックしてください
http://minamisouma.blogspot.com/p/blog-page_89.html

報告集会にて会場カンパをいただきました。ありがとうございました。
会場カンパ  19,826円
南相馬から原告団のバスのレンタル費用やガソリン代などに充てさせていただきます。

報告集会にていただいた感想です。公開可のものを掲載させていただきます。

・南相馬の現状がよくわかりました。住民の方々の努力に感謝しています。
・初めて参加しました。この裁判へ関心を持ち続けたいと思います。
・遠いところ原告団の皆さんがたくさんみえて、あきらめない決意のほどがうかがえてよかった。
・被ばくに関する権利を法廷で論議されているのを聞いて、今あらためて原発事故の被害が進行形であることを実感しました。可能なかぎり被害に向き合いながら、要求実現のための運動、裁判に参加したいと思います。
・原発についてもっと学びたいです。